AppleはLightningを捨てる?iOS 13ベータ版のiPhone復元画面から明らかに

投稿日:

by メカ村

今年の9月にリリースされると思われるiOS 13、現在は開発者向けにベータ版が公開されている状態で、これからあと数回のバージョンアップを重ねてから一般公開される予定となっています。

そんなiOS 13ベータ版のiPhone復元画面が公開されたのですが、その画像にはおなじみのLightningケーブルが表示されていなかったようです。

iOS 13の復元画面ではUSB-Cが

iOS 13は現在一般公開に向け一般開発者らによるレビューとApple開発者による開発が進められているのですが、その中で表示された復元画面に注目が集まっています。

iPhoneやiPadが何らかの理由で動作しなくなった場合、デバイスはいわゆるリカバリーモードに強制移行してPCに接続しiTunesで復元するよう求めてきます。

上記の画像の通り現在の復元画面は、PC版iTunesのアイコンにLightningケーブルを接続するよう促す画面が表示されていますね。

しかしiOS 13のベータ版では下記の通り新しい画像に切り替わっており、開発者やファンの間で様々な憶測が飛び交っている状態です。

iTunesの撤廃が決定しているのでiTunesのアイコンはPCを思わせるシンプルなアイコンに置き換わっているのですが、肝心のケーブル端子が今までのLightningではなくUSB-Cのような形状になっています。

この画像から推測されるAppleの変化は、

  • 付属ケーブルがLightning to USB-Cとなり付属充電器もUSB-Cに
  • 次期iPhoneから端子がUSB-Cに変更される

の2パターンが考えられますが、今までの画面表示の仕組みから考えても「次期iPhoneから端子がLightningに変更される」が濃厚だと考えられているようです。

世界的にもUSB-Cへ移行する雰囲気になっていますし、ヨーロッパの規制でいずれAppleも独自規格を使用できなくなるような雰囲気もありますから、次期iPhoneからUSB-Cになる可能性もかなり高いでしょう。

この画像だけで判断するのは早計なのでしょうが、Appleがわざわざ復元画面の表示を全体的に変えてくるのですから、iPhone側にも何らかの変化があると考えるのは当然と言えますね。

まとめ

正直最近のデジタル製品でUSB-Cの商品が増えてきているので、Appleが製品端子をUSB-Cに統一してくれるのは助かる人も多いかと思います。

ただその一方で、前のドックコネクタを廃止した時の様にLightning専用デバイスを制作した会社が製品の撤退を迫られるのは、かなりの痛手となってしまうでしょうね。

関連記事

iPad OSではUSBマウスが使えるようになる

次期iPhoneはUSB Type-Cを採用しない?Appleが統一規格のコネクタ特許を申請

次期iPhoneは今まで通りLightningコネクタを採用するかも

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:pocketnow

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事