iPad専用のOS,『iPad OS』が発表される

投稿日:

by maruuo

これまでiOSはiPhoneとiPadの両方をサポートしてきました。

しかしAppleは「iPad特有の体験」をより一層認識してもらう為、『iPad OS』と名付けるようにしたようです。

もっとも大きなUIの変更はホーム画面にウィジェットが追加されたことです。iPhoneではスワイプしないと表示されなかったウィジェットがiPadでは常時ホーム画面に表示されます。

Split Viewが柔軟になり、同一アプリで複数のファイル、ドキュメント、ページが表示できるようになりました。

例えばメールアプリでは2通のメールを同時に開く、メモアプリでは2つのメモを並べることができます。

 また開いている全てのウィンドウを開く機能AppExposeも実装されます。

そしてApple pencilをディスプレイの端からスワイプすることでWEBページ全体、ドキュメント、メールをマークアップしiPad上で送信することができるようになりました。

さらにApple Pencilの遅延が9ミリ秒にまで短縮されています。

それ以外に興味深い点はFilesアプリの強化でしょう。

iPad OSからはフォルダの共有サポートしています。IPad OSは外付けドライブに対応しているため、USBドライブ等からファイルを転送することができます。

細かい改善点として切り取り、コピー、貼り付け、元に戻すに対応したジェスチャーが使えるようになります。

iPad OSに対応しているのは下記の機種です。

  • 全てのiPad Pro
  • iPad 第5〜6世代
  • iPad mini 第4〜5世代
  • iPad Air 第2〜3世代

2019年WWDCに関する記事はコチラ

3分で読める2019年WWDC基調講演まとめ

iPad OSではUSBマウスが使えるようになる

iOS13版の音量調整の表示はこう変わる!

iTunesは廃止されるもWindows版は存続する

『Side Car』でiPadの外部ディスプレイ化できるように

iOS13はiPhone SEをサポート!iPhone6/Plusはサポート外に

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事