ファーウェイの独自OSは「ARK OS」商標登録を申請 しかし問題は山積み…

投稿日:

by maruuo

アメリカ商務省の禁輸措置に対応する為、ファーウェイが独自OSの展開を急速に進めているようです。

ファーウェイは5月24日、欧州連合知的財産庁(EUIPO)に対して「Huawei Ark OS」という商標登録を進めているとstuff.tvが明らかにしました。

欧州への商標登録は「Huawei Ark OS」ですが、中国の商標局では「Huawei Hongmeng」として既に申請中です。

従って、中国国内と国外で名称を使い分けるのかもしれません。

「Huawei Ark OS」は中国国内では今年後半に、国外では2020年前半を目処に展開を考えているそうです。

Huawei Centralによると「Huawei Ark OS」はAndroidをベースとしている為、全てのAndroidアプリが動くようです。とは言っても、互換性のあるアーキテクチャの開発に苦労しているとファーウェイ社内からのリーク情報もあるようです。

それ以外にも大きなハードルがあります。それはGoogle製のアプリです。

中国国外の一般ユーザーからするとGoogle Play経由でGoogle製のアプリを利用できるかどうかというのがキモになるはずです。

今回の禁輸措置でGoogle Playにアクセスできなくなる可能性がある為、ファーウェイは独自のアプリストアを開発中でした。しかしこれはアメリカ商務省の禁輸措置によって中断しています。

その為、ファーウェイは欧州に5000万人いると言われる(GooglePlay以外の)アプリストアを使うユーザーを増やすべく、欧州のキャリアに対して働きかけをしているようです。

関連記事

ファーウェイの販売シェア、日本で3分の1に激減 Appleが伸びる

中国大使館の副館長、ファーウェイに対する禁輸措置の秘密をツイートしてしまう

ファーウェイの新製品はmicroSD使えなくなる?WI-FIの認証も

Amazonジャパン、正式にファーウェイ製品の直接販売を停止

ARMもファーウェイ子会社との契約停止、ファーウェイのKirinシリーズの存続は絶望的に

ヤフープレミアムが6ヶ月無料になる裏技

タダで雑誌読み放題を試したい人向け

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事