衣服もITの時代?AppleがApple Watch等と連携するスゴイ服の特許取得

投稿日:

by メカ村

今や家電にもインターネットを利用する機能が搭載される時代となり、スマホを始め我々の周りにはインターネットがある事自体が当たり前の世界となってきていますよね。

Apple Watchなどウェアラブルデバイスにも熱心なAppleは、衣服にITテクノロジーを搭載しようとしているようです。

衣服が他のデバイスと連携

Appleが先日取得した85件の特許の中に、Appleが次世代のITデバイスと多数開発・研究している事がわかるものが多数ありました。

その中でも特に我々に直接関わってきそうな特許が、衣服をITデバイスにする特許です。

この特許では衣服そのものに温度センサー、湿度センサー、圧力センサー、心拍センサーなど他にも多数の生体情報を収集するセンサーが盛り込まれており、変な話着ているだけであらゆるバイタルサインを取得できそうな勢いです。

例えばこの服を健常者が着た場合は病気の早期発見などに、病気の人が着た場合は病状の管理や急な容体の変化の早期発見など、医療分野で大きく貢献できるでしょう。

この衣類には衣類の温度をコントロールする機能が備わっており、着用者の体感に合わせて暖かくしたり冷やしたりという事がある程度可能なようです。

また、温度変更以外にも湿度調整、通気調整、臭気吸収などの機能も盛り込まれているそうで、着るだけで快適になるようなイメージの衣類を目指している事が伺えます。

同系統の特許では、同様の機能を持ったソファやクッション、バッグにリストバンド、車用の座席シートなど様々な形状が想定されており、これらが実用化されれば衣料業界に激震が走りそうですね。

すべてはITありきの機能なので高額だったり普及自体に問題が出たりしそうですが、もう十数年あるいは何十年もすればこんな衣服も当たり前にみんなが着ている世界が来るのかも知れませんね。

まとめ

ここまで来るとまるでSF映画の未来衣類な感が否めないですが、スマホだってSF映画でも出てこなかったようなとんでもアイテムなワケですから、こんな衣類が登場しても不思議ではないのかも知れませんね。

Appleがこの特許を利用して自社開発するのか、そもそも商品化する気があるのかも定かではありませんが、こうした商品が世に出てくるのもなかなか面白そうですね。

参考:Patently Apple

関連記事