TikTokが音楽ストリーミングサービスを計画 Apple Musicのライバルになるか

更新日:

by しんや

TikTokを運営する中国のByteDanceが、年内に独自の定額制音楽ストリーミングサービスをリリースするためにアプリの開発を進めていると報じられました。

そのサービスの名前はまだ決まっていないようですが、ByteDanceは早ければ今年の秋にリリースすることを目指しているようです。

ターゲットはインドなどの新興国

この情報を報じたBloombergによりますと、ByteDanceはTikTokが抱える大量の若者ユーザーを対象に、Apple MusicやSpotifyに対抗するような音楽のストリーミングサービスを開発中であると関係者が明かしたようです。

全世界で10億を超えるユーザーが利用しているTikTokだからこそ、音楽ストリーミングサービスが浸透していない新興市場でも売上増加が見込めるため、Apple MusicやSpotifyに対抗できる可能性はありそうです。

特に、現時点ではまだ定額制の音楽サービスが普及していない貧困国などをターゲットに考えているようで、すでにインドでは大手レーベルの2社と契約を交わしているようです。

また、ByteDanceが今後ソニーミュージックやワーナーミュージックなどの世界大手のレコード会社とどのような契約を結ぶかも成功の鍵になりそうですが、同社はそれらのレコード会社とはいまだに契約が結べておらず現在交渉中であり取引には数億ドルが要求されているという話もでており交渉の難航が予想されます。

まとめ

すでにApple MusicやSpotifyが市場を支配している音楽ストリーミングサービスに参入することはかなり挑戦的なことに思えますが、TikTokほどの若者ユーザーを抱える企業ならば戦略次第では十分に戦えるかもしれませんね。

いずれにせよ、複数の企業間で競争が起こることは価格やサービスの質の面で私たち消費者にとってはプラスになることでしょう。

関連記事

TikTokは5四半期連続でiOSアプリのダウンロード数1位でした※Twitterは16位

TikTokのどんな動画でも保存する方法|相手に通知は飛ばないよ

【警告】アメリカのシンクタンク「TikTokは中国の情報収集ツールです」

参考:Bloomberg

関連記事