早速次期iPhoneのケースの実物が作られる ちぎれそうで少し心配になる形状?

投稿日:

by Amamin

先日iPhoneケースのレンダリング画像が話題になったばかりですが、さっそく次期iPhoneのケースが作成されました。

情報を提供したのはiPhone8で多数のリーク情報を提供したSonny Dickson氏です。

ケースは6.1インチモデルと6.5インチモデルのものになります。つまりiPhoneXsとXsMaxの後継機のiPhoneケースと言っていいでしょう。

この画像をみる限りですが、iPhoneケースに空いた正方形のカメラ枠によって、いくらか不安を覚える形状となっています。

次期iPhoneのトリプルカメラの配置には意味がある

カメラ付近を強打した場合、iPhoneがちゃんと保護されるかどうか心配になるレベル。

素材次第ですが、薄型のケースは危険かもしれませんね。

こちらがケースの内側にになります。

カメラ部分と電源スイッチの間がかなり細くなっているのが分かると思います。TPU素材の薄型ケースだと何かの拍子にちぎれてしまいそうですね。

iPhoneのケースメーカーにとっては悩ましいデザイン設計になりそうですね。

ちなみにこちらが先日掲載したiPhoneのレンダリング画像です。

※他の画像はこちらをご覧ください。

iPhone11のトリプルカメラ対応の”ケース”画像が登場

やはり厚みがあるものの方が安心感がありますね。

次期iPhoneはケースにも注目が集まりそうです。

関連記事

次期iPhoneはディスプレイ上で指紋認証が可能になるかもよ

次期iPhoneは巨大化6.1インチと6.5インチの有機ELとの情報 iPhone SE復活は本当かも??

すでに次期iPhoneは完成してる?FoxconnのCEOの手に未確認のiPhoneが

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事