新作ARアプリ『Minecraft Earth』が猛烈に楽しそう!マイクロソフトの技術がギュッと詰まってるぞ

投稿日:

by Amamin

マイクロソフトがARアプリ『Minecraft Earth』を発表しました。

この作品はひょっとしたら「ポケモンGO」以来の大型タイトルとなるかもしれませんよ。

『Minecraft Earth』は現実世界にARを通してMinecraftが楽しめるゲームとなっています。

Minecraft Earthとは

主に3つの遊び方があるようです。

1.アドベンチャー

ポケモンGOのように特定の場所に行ってアイテムやモンスターと戦う。

2.ビルドモード

自分の家のテーブルでブロックを積み上げて家や動物園、牧場を作る。

3.プレイモード

ビルドモードで作った家や動物園をリアルサイズにして好きな場所に配置して、それをARで楽しむ。

何より最も興味深いのは公園等にビルドモードで作ったブロックを置けば、自分以外のプレイヤーにもそれを見てもらったり一緒に協力してさらに増築することができてしまう点です。

そして写真を少し拡大すると分かるのですが、現実世界に穴を掘ることも可能となっています。

その地下世界からモンスターが来ることもあるようですよ。

このモンスター(を含む全てのブロック)はセンチメートルの単位で座標を置くことができるマイクロソフトのAzure Spatial Anchorsと呼ばれる技術を使っているそうです。だからモンスターの迫力が見た目以上に凄いようですよ。

この技術を使って、他のプレイヤーのARとブロックの座標の同期がスムースにできるとのことです。

マイクロソフト本社で『Minecraft Earth』をプレイした人によると「死ぬほど楽しかった!」という感想を抱いていたそうです。

Minecraft未プレイの人を引きつけそうな大型タイトルになりそうです。2019年の夏からアメリカでベータ版のテストが始まるようですよ。

そうなると『Minecraft Earth』は年末か来年スタートになりそうですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事