AppleはIntelにうんざりだった?iPhone用5Gチップの完成が2025年らしい

投稿日:

by メカ村

スマホはいよいよ5Gの時代に差しかかろうとしてしており、4GやLTEを超えるインターネットが提供される日も近いともっぱらの噂ですよね。

Appleも当然この波に乗らないワケにはいかないのですが、どうやらあの歴史的和解の件も含めてIntelがなにやら5Gの件でやらかしていたとの話があるようです。

Apple、クアルコムと電撃和解〜これまでの訴訟を振り返る

2025年まで無理

Appleのハードウェア部門上級副社長であるジョンイー・スルジ氏らは以前より、Intelのモデムチップ開発に関して相当な不満を抱いていた事が明らかになりました。

関係者の話によると、Intelのモデムチップ開発は想像以上に難航していたようで、完成はなんと2025年頃になるとされていたそうです。

関連記事:Appleついにインテルと決別か 5Gモデムを自社開発へ

そもそも2019年である今年から5Gのサービスがリリースされ始めると目されていたのに、iPhoneの5G対応が2025年からとあってはAppleにとってもたまったものではなかったでしょうね。

この現状に耐えられなかった上層部はiPhoneのモデムチップIntel一本化を断念、すでに5Gモデムチップの開発を進め商品化していたクアルコムとの訴訟問題に頭を下げ、クアルコムの5Gモデムチップを使用する運びになったそうです。

Intelがモデムチップ開発事業からすでに撤退している事からわかる通り、そもそも5Gモデムチップの取引先はAppleしかいなかったようで、そのAppleから計画自体を無しとされた事で収益化の見込みがなくなってしまった事がわかります。

Appleが5Gモデムチップを自社開発?インテルの一部事業部を買収する予定だった模様

インテルはスマホ向け5Gモデム開発を中止 iPhoneにも提供せず

これでまたモデムチップ業界はクアルコムの独壇場となり、iPhoneを含めたほとんどのスマホがクアルコム製のモデムチップを搭載する事が決定した事になりますね。

頼りにしていたIntelの遅々として進まない開発、クアルコムによるAndroidへの5Gモデムチップ供給、長期化する訴訟問題の全てを解決する策として、あの歴史的和解が発生したんでしょう。

業界にとって一強状態というのはかなり良くない状態なのですが、Intelさえ開発にあと5年もかかるとあれば、クアルコムがどれだけすごい企業なのかも伺い知れますね。

まとめ

IntelといえばPC業界のCPU部門で比類ないくらい有名なメーカーですが、どうやらモデムチップは得意分野ではなかったようですね。

クアルコムとの歴史的和解、Intelの事業撤退、Appleのクアルコム使用宣言は、いずれもIntelの開発停滞が原因だったと結論づけられるでしょう。

関連記事

使い放題で100倍速い!韓国で5Gのデータ通信が始まる

Apple、クアルコムと電撃和解〜これまでの訴訟を振り返る

参考:Patently Apple

関連記事