IoT対策、携帯番号を3桁増やして現在の125倍に

投稿日:

by maruuo

IoTにより通信機器が一気に増加すると見られています。

自動運転や家の鍵、小型ロボット、工業機器多くのモノがインターネットに繋がる予定です。

そのため総務省は2020年に携帯番号を3桁増やすことで100億個の番号を追加し、現在の125倍に増やすとのこと。

番号 用途
020 機器間通信

8000万→100億

(11桁→14桁)

050 IP電話 9000万
070,080,090

携帯、機器間通信

携帯に限定

2億7000万
市外局番 固定電話 4億

これまでIoTとして使われる機器間通信には070,080,090の番号が使われていました。しかしIoT需要を見据え、2017年から020に移行が始まっています。

020はNTTやKDDI、ソフトバンクに割り当てられています。11桁から14桁に番号を増やすには100億円前後の改修費用がかかる見込み。

今後、機器間通信は020の番号のみが使われるようになります。

そしてIoT機器の爆発的な増加に備えるため、現行の11桁から14桁にすることで番号の枯渇が起きないようにする狙いがあるのでしょう。

2017年の時点でIoT機器は世界中に275億個あるとされ、2020年までに400億個を超えるとされています。

したがって、日本のみで100億個の番号を消費し切るまでにはある程度余裕があると総務省は見込んでいるようです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事