次期iPhoneは超広角カメラを搭載、AirPodsをワイヤレス充電! CAD画像も流出

投稿日:

by ともぞう

すでにいくつかのリーク情報から次期iPhoneはトリプルカメラになるのは間違いなさそうですが、それ以外の仕様に関する最新情報をBloombergが報じていたのでご紹介します。

3つ目のカメラは超広角カメラ、AirPodsのワイヤレス充電も可能に

先日はリーク情報を基に作られたとされるケース画像が出てきてカミアプでもご紹介しましたが、今のところ背面カメラはトリプルカメラになりそうな感じですよね。

iPhone11のトリプルカメラ対応の”ケース”画像が登場

それ以外に関してはあまり詳しい情報はでてきていない状況でしたが、Bloombergが搭載されるチップやそれ以外の仕様に関しても報じているんです。

BloombergによるとiPhone XSとXS Maxの後継機のコードネームはD33/34、XRの後継機はN104とよばれているとのこと。

 

これらの機種には全てA13チップを搭載されるそうです。

カメラに関しては既報の通り、iPhone XSとXS Maxの後継機には3つのカメラが搭載されるとされており、新たに追加されるカメラは超広角カメラの模様。

イメージ画像

これにより今までよりも広い範囲のズームも可能になり、なおかつ見切れてしまった人物を自動検出して、フレーム内に収まるようにする修正機能にも取り組んでいるそうです。

イメージ画像

またXRに関してはシングルカメラからデュアルカメラとなり、ズームレンズが追加になるそう。

このようにカメラ関係を大幅に強化したためなのか、iPhone XSとXS Maxの後継機は0.5mm厚くなってしまうとも報じており、これは致し方ないとはいえちょっと残念な点です。

さらにBloombergによるとGalaxy S10/S10+にも搭載されている背面でのワイヤレス充電機能も搭載し、AirPodsなどを充電できるようになると報じています。

さらにリーク画像の投稿のお馴染みのBen Geskin氏は、3DCADと思われる画像を投稿。

 

トリプルレンズカメラが収まる正方形の凸部分が今までのように全面黒になるのか、と言った話も出ていましたが、Test Departmentからの情報によると凸部分は本体と同色で、レンズのみ黒になるようです。

 

 

今出ている次期iPhoneに関する新しい情報はここまで。全体的に順当な進化といった感じですが、昨年は散々価格に関して突っ込まれただけにこれをいくらで出すのかが気になるところでもあります。

先日は4万円代で買えてしまうGoogle Pixel 3aも出たばかりですし、廉価版の位置付けなのに中途半端な価格になってしまっていたXRをどういう形で出してくるのか注目したいですね。

関連記事

「Google Pixel 3a」は非力…ベンチマークスコアが残念な結果に【確定】

次期iPhoneXRはこんな感じかも!リーク情報を元にしたレンダリング画像が公開

次期iPhone XRはデュアルカメラに?ただしカメラ機能には期待できるぞ

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Bloomberg

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事