認可されない中国のPUBGスマホ版、中国政府の思想を取り込んで復活

投稿日:

by yoshimitu

中国政府に1年以上認可されなかったPUBGモバイルがゲーム内容を変えずに「ガワ替え」をすることで復活を果たすことができました。

ゲームのタイトルは「PUBG Mobile」から「和平精鋭(Game for Peace)」に変更となっています。

Game for Peace???

反テロをテーマにしたゲームに変更

社会主義の価値観に反することと、子供に対する悪影響を懸念して「PUBG Mobile」は中国政府からライセンス供与されてきませんでした。

そこで中国でPUBGを提供するテンセントはゲーム内容そのままに、ゲーム名とデザイン変更で乗り切る決断をしたようです。

従来のように100人のプレイヤーが戦場でアイテムや武器を手に取って戦うスタイルに変更はなく、UIや見た目もほとんど同じです。

Game for Peaceのプレイ画像

何を変えたのかと言うと、ゲームのテーマです。

これまでの戦略的な撃ち合いではなく、「和平精鋭(Game for Peace)」では「反テロ」をテーマにすることで、中国政府から認可を得ることに成功しました。

もう一つ変更点があるとしたら、撃たれたプレイヤーは出血する演出は無くなり「手を振って終了」となります。

テンセントはロイターに対して「全く違うカテゴリーのゲームである」と説明しています。

中国で既に「PUBG MOBILE」をダウンロードしているユーザーには自動的に「和平精鋭(Game for Peace)」がダウンロードされるようです。

そして「PUBG MOBILE」でプレイした時のレベルは引き継げるとのこと。(やっぱり中身は同じなんじゃ…)

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事