30万円の活動資金!LINEスタンプの公式活動支援プログラムが始動

投稿日:

by メカ村

日本をはじめとしたアジア圏で人気のLINE、iPhoneでの連絡手段として普段から利用している人も多いかと思います。

LINEが成功した要素の1つにスタンプがあるのですが、LINEスタンプクリエイターとして嬉しい(美味しい?)公式プログラムが開始されました。

毎月30万円の活動資金

LINEはスタンプ製作者を支援する新しいプログラム、LINE CREATORS SUPPORT PROGRAMを発表しました。

このプログラムはまだスタンプクリエイターとして活動していない人から、活動しているもののトップクリエイターとして活躍できていないクリエイターを支援するプログラムで、2019年7月31日までにクリエイターズスタンプをリリースする事で応募できます(一部対象外※後述)。

プログラムでは5つの特典が用意されており、クリエイターとして一番の壁となる活動資金を1年間30万円サポートしてくれる太っ腹ぶり。

採用人数や人数制限などが特に記載されていない事から、おそらく応募のあった中から一定基準の選考基準を満たしたクリエイターをなるべく多くサポートしていく方針である事が伺えます。

フリーランスでデザインやイラストレーターをする者にとって定期収入というのは非常に助かる話ですから、もしLINEスタンプのリリースを考えている場合は渡りに船のようなおいしい話ですね。

他にも公式によるスタンププロモーションや専属の担当がついたり、イベントや交流会への参加権利などが得られるようで、お仕事のさらなる展開にも影響しそうです。

参加資格は日本在住で2019年7月31日までにクリエイターズスタンプをリリースする事のみなのですが、以下の通り選考対象があるので注意が必要です。

  • 2017年度までの月間MVPを獲得した人
  • 2017年度までのLINE Creators Stamp AWARDで受賞した人
  • 2017年度までのLINE Creators Stamp AWARDでノミネートされた人
  • 公式スタンプで取り扱いのあるキャラクター
  • 有名なタレント、アーティスト、TV番組、団体、企業などが取り扱っている人物・キャラクター

クリエイターの中には数千万円分もスタンプを販売している方もいますから、一攫千金を狙って応募してみるのもありかも知れませんね。

まとめ

選定条件が謎に包まれているのでプログラムに参加できる確約はありませんが、デザイナーさんやイラストレーターさんはとりあえず応募してみて損はないかと思います。

また学生さんで将来デザイン業界などを目指している人も、成功の足がかりとしてこのプログラムに参加してみてはどうでしょうか?

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:LINE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事