折りたたみiPhoneはこんな感じ?開くとiPad ProっぽくなるiPhone 11 Fold

投稿日:

by メカ村

一部のガジェットファンを沸かせる「折りたたみスマホ」、サムスンの新作折りたたみスマホには何やらヤバい匂いが発売前から漂っていますが、一部のユーザーは今年を「折りたたみスマホ元年」と表現するほど期待しているようです。

Appleも以前より折りたたみスマホに関する特許を多数取得しており、もしかしたらリリースされるかも?という事で理想の折りたたみiPhoneをレンダリングした動画が公開されました。

Appleも折り畳み可能なiPhoneを開発か 関連特許を申請

製作はドイツのデザイナー

先日公開された「Apple iPhone 11 Fold(後略)」という、折りたたみiPhoneのコンセプト動画が注目を集めています。

動画を作成したのはドイツのコンセプトデザイナーであるハサン・カイマック氏で、様々なリーク情報や独自の見解で作り込まれたようです。

閉じた状態のiPhone 11 Foldは、向かって左側がストレートで右側がカーブしているかなり縦長なiPhone Xシリーズといった感じに見えます。

開いた時のサイズを前提に設計しているので、どうしても昔のストレート携帯のようなサイズ感になるんでしょうね。

充電用の端子はLighteningでもType-Cでもなく、Apple独自の3ピンマグネット端子が採用されている模様。

これはおそらくケーブルでの充電の他に、ドッグステーションのような充電しながら立てかけて使えるような配慮なのだと考えられます。

端末を広げた状態だと現行のiPad Proのような見た目になるようで、12インチとなかなかの画面サイズになるようです。

OSの仕組み次第ですが折りたたみ時はiPhoneのように使え、開いた時はiPad Proのように使用できるのであれば、普段から両機を使用している人にとって持ち運ぶ端末が2つから1つに減って良いかも知れませんね。

カメラはiPhone 11でのリークにある3レンズカメラなのですが、こちらはフラッシュライトを削除してiPhone Xのように縦に3つ並べる仕様のようです。

折りたたみの仕様とカメラモジュールのサイズ感の問題で、現行のiPhoneよりでっぱりが大きくなってしまうそうとの事。

カラーは全4色が想定されており、パールホワイト、アンティックゴールド、ブラッドレッド、ステルスブラックの4つが紹介されています。

いわゆるシルバータイプがない事に若干の違和感を感じてしまいました。

あくまでカイマック氏の考えた折りたたみiPhone「iPhone 11 Fold」なので実現するかわかりませんが、もしかしたら今年や来年あたりに折りたたみiPhoneは実現するのかも知れませんね。

まとめ

サムスンが盛大にやらかしてるので折りたたみ自体にあまり良い印象を抱けないのですが、コンセプト動画を見ている限りは面白そうな端末になりそうですね。

彼は他にも「iPhone 11 & 11 Max」「iPhone 11R」のコンセプト動画もリリースしているので、気になる人は見てみると良いですよ。

関連記事

分解して調査した結果、サムスンの折りたたみスマホは「驚くほど脆い」と判明 iFixitが評価

次期iPhoneの公式デザインを紹介する動画が公開される

次期iPhoneは大体こんな感じ? リーク情報を元にレンダリング画像を作成

次期iPhoneのトリプルカメラの配置には意味がある

ヤフープレミアムが6ヶ月無料になる裏技

タダで雑誌読み放題を試したい人向け

参考:YouTube

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事