被害総額1千万超え!Amazon従業員がApple Watchを大量に盗み出して転売か

投稿日:

by メカ村

アメリカ大西洋岸中部のデラウェア州ミドルタウンで先日、Amazon通販の在庫としてストックされていたApple Watchなどが大量に盗み出された事件が明らかになりました。

被害総額は10万ドル(約1,100万円)を超え数カ月にわたって盗み続けられていたのですが、なんと盗み出していたのはこのAmazon倉庫(Fulfillment Center)で働く従業員の4人だったようです。

黒人4人チームによる計画的犯行

盗み出されたApple Watchは古いシリーズと最新シリーズが混合している状態で、正確な被害額や物品数は現時点で把握しきれていないのですが、220個〜550個のApple Watchが盗み出されたとの事。

事件発覚の要因はAmazonの倉庫の紛失防止スタッフが内部盗難に気がつき、警察に通報して内密に調査したものと思われます。

盗み出したのは黒人によるチームで、タイシャ・バトラー容疑者、タネーシャ・ピンケット容疑者、アイザック・フランシス容疑者、シャダリア・ベル容疑者の4人によって計画的に行われました。

そもそもこの4人は知り合いだった可能性が非常に高く、一部では「盗みをするために倉庫で働いた」との証言も出ているようです。

容疑者4人のうち3人はすでに逮捕されているのですが、シャダリア・ベル容疑者は依然逃亡中でその所在が明らかとなっておらず、警察がベル容疑者の情報提供を求めている状態です。

また盗み出されたApple Watchはすでに転売などが行われたようでほとんど犯人らの手元に残っておらず、これから警察が捜査令状を元に調査を回収を進めていくとの事ですが、全てを回収できる可能性は低いでしょうね。

今回は大量にApple Watchだけが盗み出された事が要因で事件発覚に繋がったようですが、もし少数だけ盗み出していたら発覚しなかった可能性も考えられますね。

事件の内容的にはユーザーにAmaoznに対する信頼感を損なうようなものではないのですが、Amazonに商品を預ける企業にとってはシャレにならない不信感を与えたのは言うまでもありません。

まとめ

Apple Watchは小さい機器ながら高額で取引されているので、盗み出しやすさと高額転売を理由にターゲットにされたのでしょう。

盗み出された商品を購入した人は令状によって取り上げられてしまう可能性もあるのですが、盗品を購入・販売するような場所で購入する事自体問題ある行動なので、回収は仕方がない事なのかも知れません。

参考:Patently Apple

関連記事