AirPower…じゃない!ほぼ同じ見た目と性能のAirUnleashed発売開始

投稿日:

by メカ村

ついに発売される事なく正式にお蔵入りとなったAirPower、同時に複数台のiDeviceをワイヤレス充電できる機器として2017年の発表からファンの注目を集めていました。

そんな中どう見てもAirPowerなワイヤレス充電器が発売され、AirPowerを心待ちにしていたファンなどからかなり注目を集めています。

どう見てもAirPower

今回発売されたAirPowerそっくり製品のAirUnleashed、プロモーション画像や製品イメージ画像はいずれもAirPowerそのものであり「パクリ」と言われたら反論できないレベルの類似感です。

実際に使用している動画があるのですが、左からiPhone、Apple Watch、AirPodsを乗せて充電している事が確認でき、まず間違いなくAirPowerを意識して作った事は言うまでもないでしょう。

それもそのはず、商品ページ冒頭では英語で「AppleはAirPowerを発売中止しました」「AirUnleashedは失望したすべてのAppleファンのための物」と書かれており、暗に「AirPowerが公式から出なかったから作りました」と言っているようです。

AirPowerが公式発売されたら世に出てこなかった製品なのかも知れないのですが、見た目や形状、機能までそっくりそのままなので「Appleの設計図流出してない?」と不安になるレベルです。

対応機種は発売予定だったAirPower同様にiPhone 8以降のiPhone、ワイヤレス充電対応のAirPodsケース、Apple Watch3&4、Quick Charge 2.0以降のワイヤレス充電対応機種が充電できるとの事。

AirPowerではApple製品以外充電できない可能性が高かったですから、Quick Charge 2.0以降対応というのはガジェットをたくさん持っている人にとっては嬉しい仕様ですね。

価格は送料無料の99ドル(約11,000円)で5月15日から順次発送のようなのですが、電源アダプタにCategory A 平刃があるものの、日本の電圧(100V)で使用できるかは残念ながら明記されていません(US120V、EU220、UK220〜240V)。

なんとなくAppleがこの製品に対してなんらかの法的アクションを取らなくもない気がするのですが、AirPowerを心待ちにしていたファンにとっては嬉しいニュースとなったようです。

まとめ

見た目も機能も完全にAirPowerで冒頭にAirPowerお蔵入りの事まで書いて発売するなんて、なかなかの度胸を感じさせますね。

もちろんAppleが発売したワケではないので素直に喜んでいる人だけではないですが、2年前の発表からついに発売できなかったAppleよりはマシな気がしてしまいますね。

関連記事:AirPowerだけじゃない!Appleが失敗して封印した4つの製品とは

参考:AirUnleashed

関連記事