OLEDより断然スゴイ?iPhoneやApple Watch搭載に向けて開発されるMicro LEDとは?

投稿日:

by メカ村

スマホ業界はここ数年で液晶ディスプレイからOLEDディスプレイへの移行が行われていますが、Appleはその先にいち早く到達できるかも知れません。

Appleのサプライヤーとして有名なFoxconnが、OLEDよりも超高性能な画面技術であるMicro LEDの開発を進めているとの情報がリークされました。

※先日お伝えしたMini LEDよりも、さらに小さなLED素子を使った物がMicro LEDとなります。

関連記事:ミニLEDって何?iPadとMacBook、Apple純正のディスプレイに搭載されるらしいので解説してみます

価格以外はメリットしかない

Foxconnが現在開発を進めているとされるMicro LEDとは、素材は異なるものの基本構造自体はOLEDと全く同じで、画面そのものが発光してバックライトを必要としないLED画面パネルです。

では何が違うのか?という事ですが、単純に一定の範囲内に収められているLEDの密度が高くなっており、画面の精細さや明るさなどが大幅に向上しています。

具体的に、画面色彩のメリハリ指標となるコントラスト比では一般に液晶が3,000:1、OLEDが10,000:1とされているのですが、なんとMicro LEDのコントラスト比は1,000,000:1と言われています。

もはや人間の目でその違いをしっかり認識できるか不安になる数値なのですが、非常に綺麗だと騒がれたOLEDを遥かに凌ぐ数値だけに期待は高まりますね。

また画面の明るさである輝度については、ロスの多いと言われているOLEDよりもかなり高い輝度を発揮できるようで、日差しの下で使う事もあるApple WatchやiPhoneに採用すれば、外が眩しすぎて画面が見えづらいなんて問題も起こらなくなるでしょう。

さらにMicro LEDの消費電力は液晶ディスプレイの半分ほどと言われており、同様の比較でOLEDが70%ほどと言われていますから、OLEDよりもさらに消費電力が抑えられスマホのバッテリーの持ちにもかなり貢献しそうです。

Micro LEDは以前よりAppleが独自開発しているとの噂自体はあったのですが、サプライヤーであるFoxconnが開発を進めているとあれば、iPhoneやApple Watch向けに共同開発して搭載する可能性は非常に高いでしょう。

ただしMicro LEDはOLEDよりも生産コストが高いそうなので、搭載モデルは現行のiPhone XS/XS MAX/XRよりも高額になってしまうのは言うまでもないですね…。

まとめ

このディスプレイはiPhoneよりも先にApple Watchに搭載されるとみられており、実用化の目処がたったら順次iPhone、Macと搭載されていくとアナリストは予想しています。

実物を手に取ってみないとなんとも評価しにくい技術ですが、快晴の外でもくっきりハッキリ画面が見えるスマホというのはなかなかに魅力的ではありますね。

参考:9TO5Mac

関連記事