ついにiPhoneにもダークモードが iOS13の詳細なリークが公開

投稿日:

by しんや

9TO5Macが今年の9月にリリース予定のiOS13の新機能について詳細なリークを報じました。

その中でも一番の注目を集めているのが、去年からMacOSに加わったダークモードがiOSにも追加されるのかという点です。

新たな機能が盛り沢山のiOS13!

昨年のiOS11から12へのアップデートでは安定性の重視が最重要視されたため機能面での大幅な進歩はありませんでした。

あれから一年が経った今年は、様々な機能が追加されると予想されています。今回はそのリークの一部を紹介します。

ダークモードの追加

iOS13ではダークモードがiPhone・iPadの標準機能として搭載される予定です。

現時点では各アプリが独自でダークモードを実装しているケースもありますが、ほとんどのアプリには搭載されていません。

このダークモード、実は昨年からmacOSで追加されていましたが残念なことにMac用アプリの多くが一部対応/未対応となっておりもうすぐ1年がたつ今でもあまりその恩恵が感じられません。

Macに搭載されたダークモード

ということはiOSでもあまり期待できない…ということはなく、iOS向けのアプリの大半がAppleの開発するSwiftという言語で設計されているため、ダークモードのようなアプリデザインや機能はSwiftが提供するライブラリに大きく依存してます。

つまりAppleさえその気になりSwiftのライブラリを充実させれば開発者はあまり苦労せずにダークモードを実装できるように可能性が高いため、多くのアプリで対応することが期待できます。

逆に言えば、Macにはこのような力の強い統一言語がないためあまりダークモードの実装が進んでいないのでしょう。

マルチウインドウ

次に目玉となりそうなのがiPad向けの新機能、マルチウィンドウ対応です。

現時点でもiPadはSplit Viewという名前で2つのアプリを同時に開くことができますが、マルチウィンドウはこれとは別の機能です。

マルチウィンドウは1つのアプリで複数のウィンドウを開けるようするための機能だと言われています。

例えば現時点でもSafariは画面の左半分と右半分では異なるウェブページを表示できるようになっていますが、これがPagesやメモ帳などのその他アプリでも同様の複数ウィンドウを表示できるといった機能になりそうです。

一つのアプリに一つのウィンドウが原則の従来のiOSが大きく変わるかもしれません。

その他

その他にも様々なリークがあります。

  • メールやリマインダーアプリの改善
  • Pages/Numbers/Keynoteの改善
  • 設定アプリでフォントの管理
  • ”Hey Siri”の精度向上
  • ボリュームを操作した際の画面表示の改善

個人的には最後のボリュームUIの改善がありがたいです。

現状では音量を調整すると画面のど真ん中にデカデカと音量アイコンが表示されるのがすごく煩わしく感じていました。これが改善される見込みだそうです。

まだまだ今回のリーク以外にも新機能があるかもしれないiOS13。6月の発表が今から楽しみです。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9to5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事