落としても割れなくなる?AppleがiPhoneのコーティング技術特許出願

投稿日:

by メカ村

スマホは昔から「落とせば画面などが割れる」のが常識で、各種ケースやガラスシールなどを使って保護するのが当たり前になっていますよね。

高価な商品なのに壊れやすいので当たり前といえば当たり前の保護なのですが、Appleの新しい特許が実現すればそのような心配はいらなくなるかも知れません。

地層のような保護膜

Appleは先日、iPhoneやMacなどを様々な衝撃などから保護する新しい特許「ナノ粒子保護コーティング」を出願しました。

これは複数の素材を薄い皮膜のように重ね合わせる事によって、様々な種類のダメージから端末を守る事を目的としています。

特許画像ではまるで地層のように重なった保護膜の説明がされており、その素材の中には柔らかいポリマー粒子から硬度の高いダイヤモンドライクカーボンなどが用いられており、単純に硬くするのではなく柔らかさなども取り入れて耐衝撃性を獲得しようとしています。

柔らかい素材層があれば落下衝撃を緩和する事ができますし、表層が硬ければ通常利用で発生する細かな傷などを防止できますから、単純なガラスコーティングなどより非常に効果的な耐衝撃性を発揮するでしょう。

柔らかい素材部分については液体ポリマー(といっても薄すぎて肉眼では液体に見えない)を利用する事も想定されており、Appleが「iPhoneは落としたら割れる」という常識をかなり嫌っている事がわかりますね。

この技術はiPhoneやMacといったディスプレイのあるデバイスでも全面コーティングできるよう考えられており、技術と工場が確立すればすべてのApple製品にこの加工を施す事ができるでしょう。

一部ではこの技術がすでにiPhone XSに使用されているのでは?との声もあったのですが、iPhone Xとの耐衝撃実験の結果を考えると採用されていないそうです。

普段使いの製品はどうしても壊れやすい環境にある事が多いですから、Appleにはぜひこの技術に注力してもらって壊れにくい製品をリリースしてもらいたいですね。

まとめ

複数層形成の加工技術自体は前々からありましたが、液体を含んだ保護膜の技術はこれまでのApple特許に見られないものでした。

ディスプレイ表示に影響がないか心配になる部分もあるのですが、基本的に妥協を許さないAppleならほぼ完璧な状態でリリースしてくれると思えますね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Patently Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事