【100万ドルの売り上げ】偽造iPhoneをAppleに修理依頼、本物になって返ってきて売却→逮捕

投稿日:

by maruuo

Oregonianによると中国人大学生2人が偽造iPhoneを輸入し、Appleの保証プログラムを悪用して100万ドル近くの売上げを稼ぎ出したそうです。

2人とも逮捕され、連邦裁判所で刑事訴訟に直面しています。

偽造iPhoneが本物のiPhoneとなって返ってくる

2017年から2018年までの間にQuan Jiang氏とYangyang Zhou氏は中国から何千台もの偽造iPhoneを輸入しました。

その偽造iPhoneはあえて電源が入らないようになっており、それをAppleに持ち込んで修理依頼をします。

その結果、なんと偽造iPhoneが本物のiPhoneとなって返ってきます。戻ってきたiPhoneを中国に送り現金化するという訳です。

売上げはJiang氏の母親の銀行口座に振り込まれ最終的にはJiang氏の米国の口座に振り込まれました。

1,493台の偽造iPhoneの詐欺に成功

Jiang氏は3,069台もの偽造iPhoneの修理依頼をし、そのうち1,493台が本物のiPhoneとなって返ってきました。

偽造iPhoneは電源が入らないため、Appleとしては本物かどうか調べようがなかったのかもしれません。

1台あたり推定600ドルだとするとおよそ90万ドルになります。

Appleは2017年6月と7月に両名に警告する文章をおくったものの、Jiang氏は応じなかったようです。

(中国人による)Appleに対するこのような詐欺行為は昨年も起きており、被害額は110万ドルを超えています。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事