iPhone SE2が復活する? 2020年に小さいiPhoneが登場する模様

投稿日:

by yoshimitu

今年…ではなく来年のiPhoneは5.42インチ、6.06インチ、6.67インチになるそうですよ。

注目すべきは5.42インチのちょっと小さめのiPhoneです。

これはiPhone SEの後継者と言ってもいいのかもしれませんよ!

少し大きくなる2020年のiPhone

DIGITIMESによると来年のiPhoneは5.42インチ、6.06インチ、6.67インチになりこれら3サイズとも有機ELになるとのことです。

現状のiPhone XSが5.8インチでXS Maxが6.5インチであることを考えると「6.06インチ、6.67インチ」のiPhoneは現状のiPhoneより少し大きくなっていることが分かると思います。

さて、残る「5.42インチ」のiPhoneは現在のiPhone XSの5.8インチよりも小さく、iPhone 8Plusのディスプレイサイズ5.5インチよりも小さくなります。

もちろんベゼルレスなので大きさは8Plusとは比較にならないので、8plusのディスプレイ部分”だけ”と言っても良いかもしれません。

ベゼルレスのiPhone史上最も小さなiPhoneということで、これはiPhoneユーザーとしてはiPhone SEを意識せずにはいられないでしょう。

DIGITIMES曰く、5.42インチのiPhoneはiPhone XRのような廉価版であることを示唆しているので「安くて小さい」最高のiPhoneになるのかもしれませんよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事