【リーク】3月のイベントで発表される「Apple News Magazine」の詳細が明らかに

投稿日:

by maruuo

開発者であるSteve Troughton-Smith氏がiOS12.2とmacOS10.14.4を解析することで、Apple News Magazineの詳細についてツイートしています。

雑誌のジャンルや機能が一部明らかになりました。

明らかになったApple News Magazineの内容とは

日本時間の3月26日の2時にAppleのイベントがスタートします。

そのイベントに先駆けて、解析リークでおなじみのSteve Troughton-Smith氏がApple News Magazineの詳細について暴露しました。

では明らかになった点を紹介しましょう。

Apple News Magazineのジャンル

Apple News Magazineのジャンルは下記の通りです。

多岐に渡っていますが、これは日本の「dマガジン」や「楽天マガジン」と似たようなジャンルだと言ってもいいでしょう。

  • 自動車(Automotive)
  • ビジネス&ファイナンス(Business & Finance)
  • 工芸&趣味(Crafts & Hobby)
  • エンターテイメント(Entertainment)
  • ファッションスタイル(Fashion & Style)
  • フード&クッキング(Food & Cooking)
  • ヘルス&フィットネス(Health & Fitness)
  • ホーム&ガーデニング(Home & Gardening)
  • キッズ&子育て(Kids & Parenting)
  • メンズライフスタイル(Men’s Lifestyle)
  • ニュースと政治(News & Politics)
  • 科学技術(Science & Technology)
  • スポーツとレクリエーション(Sports & Recreation)
  • 旅行(Travel)
  • 女性のライフスタイル(Women’s Lifestyle)

Apple News Magazineの機能や詳細について

雑誌はPDFベースになっていて、オフラインで読むことも可能となっています。

また設定によっては新しい号が購読可能となるとプッシュ通知が来るとのこと。

Appleが買収したTextureから推測すると…

昨年AppleはTextureという雑誌購読サービスの会社を買収しています。

そのTextureは買収される以前は月額10ドルの購読サービスだった為、Apple News Magazineも同等の金額になると予想できます。

またAppleは各出版社に対して「売上げの50%」を手数料として取る意向を伝えた為、ある会社役員はAppleと緊張状態にあることをリークしています。

日本での展開は厳しいかも

ただ日本の出版社からは一切リーク情報が出てこない為、日本でのApple News Magazineの展開はしばらく後になりそうです。

また日本では既に「dマガジン」や「楽天マガジン」が月額380円でサービス展開をしている為、月額10ドルではAppleが勝つことは難しそうです。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事