偽物だった?オークションで買ったスマホが発火する事件発生

投稿日:

by メカ村

今や誰もが手放せない存在となっているスマホ、しかし高価なのでなかなか買い換えられないという人も多いですね。

新しいスマホを買うためや、安価にスマホを買うためにオークションサイトを利用する人も増えてきているのですが、「個人売買はやめた方が良いかも…」と思わせる事件が発生しました。

再起動したら爆発

つい先日、フリーズしたサムスンの「Galaxy S6」を再起動したら本体が発火、使用者が火傷を負うという事件が発生しました。

サムスン+スマホ+発火と聞いて「またサムスンか」と思う人もいるかも知れませんが、どうやら今回の件は単純な事件ではないようなんです。

イギリスのミドルスブラに住むジェイコブ・コーエンさんは昨年のクリスマスに、オークションサイト「ebay」で今回の事件を引き起こす「Galaxy S6」を購入しました。

事件当時スマホはフリーズ状態だったそうで、どうにか動かそうと再起動を試みたそうです。

すると突然端末の背面が吹き飛び発火、ジェイコブさんは手に火傷を負ったものの比較的軽傷で、火事などの災害には至らなかったとの事。

ジェイコブさんが公開した写真では、バックパネルが外れバッテリーと思われるパーツが破裂したような金属パーツの亀裂が見られます。

ジェイコブさんはすぐさまサムスンにこの事を連絡し、現在サムスンはこの事件を調査中との事ですが、これまでに「Galaxy S6」でこういったパターンの発火事故は例が無いとの事。

そもそも今回ジェイコブさんが手に入れた「Galaxy S6」は正規店や家電量販店、あるいはキャリアで購入したものではなく、ネットオークションで手に入れた端末であり、「端末が偽物だったのでは?」「バッテリーが非正規品だったのでは?」「素人が修理した端末だったのでは?」と様々な憶測が飛び交っています。

「Galaxy S6」は2015年に発売された端末であり、新品未開封品がジェイコブさんの手に渡ったとは考えにくいでしょう。

偽物だったり、出品者が使っていた端末のバッテリーを自分で交換しオークションに出品した可能性も高く、調査結果が待たれる状態となっています。

まとめ

日本でもメルカリなどでiPhoneなどのスマホが販売されているのですが、こういった事件の話を聞くと安心して購入、というのはなかなか難しいですね。

実績ある業者が買取・修理した商品ならまだ良いのですが、ネットオークションで安易にスマホ本体を購入するのは控えた方が良いのかも知れません。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:TeessideLive

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事