ティム・クック氏、サービス事業を2倍に成長させ新製品で「あなたをぶっ飛ばす」と語る

投稿日:

by maruuo

AppleのCEO、ティムクック氏は同社の現状について「これまで以上に楽観的になったことはない」と年次総会で述べました。

また投資家への質問に対して「現在、新商品を開発中です。そしてそれがあなたをぶっ飛ばすだろう。」と語りました。

Appleは長いロードマップを描いている

同総会でクック氏は「サービスの分野の収益を2016年の250億ドルから2020年には倍増させる。」とも宣言しています。

ちなみに2018年の時点で”四半期”のサービス売上げは100億ドル近くあるので、2020年に通年で500億ドルを目標とするのは極めて現実的な目標だと言えるでしょう。

2018年四半期決算

関連記事:iPhoneで苦戦するApple、実は「サービス」の収益は3年で60%も成長している

関連記事:Apple 2019年第1四半期の結果 iPhoneは瀕死だけどAppleは強かった

またクック氏はMacBook Airを現在の1200ドルから値下げをする意向を示しました。

そしてApple WatchとAirPodsに関しては「長いロードマップをがある」と述べました。これは噂されているヘルスモニタリング機能と関連があるのかもしれません。

GoogleやFacebookには批判も

総会の中で同氏はユーザーのデータプロファイルを構築する企業を批判しました。暗にGoogleとFacebookのことを指しているのだと思われます。

またこのような慣行に対して法による規制を推進しているとのことです。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:bloomberg

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事