Amazonが全商品で1%のポイント付与へ!ただしポイント分は出品者負担で価格への影響も

投稿日:

by ともぞう

楽天やYahooなどでは以前より買い物をするとポイントが付くので、それが目当てで利用している方もいると思いますが、一部商品だけだったAmazonでも全商品でポイントが付くようになることが分かりました。

しかしながらどうやら素直に喜べない話のようですよ…。

ポイントプログラムが改訂され出品者の負担は増加へ

今までAmazonポイントというと一部の商品やKindleのキャンペーンで付与されるなどに留まり、正直積極的に買い物でポイントを貯めて利用という機会は少なかったんですよね。

そんなAmazonポイントですが、ITmedia NEWSによると、Amazon.co.jpは出品者向けページで2019年5月23日より全商品で1%のポイントを付与する形にポイントプログラムを改訂すると発表したそうなんです。

Amazonをよく利用する人からするとポイントがたまるようになって朗報!と思いたいところなのですが、どうもそうは単純にはいかないようです。

というのも付与されるAmazonポイント分は出品者負担となっており、そのためAmazon.co.jpは「ポイント付与分を考慮した価格」にするよう求めているとのこと。

ということはポイント付与分を吸収できない出品者は実質1%値上げをするということになり、利用者としては意味がないことになる可能性も充分あるということになるんですよね。

そのようなことをしたら購入が減ることが懸念されるので値上げをしなかったら、5月23日以降は自動的に売上げが1%減ることになり、出品者としては非常にツライ選択を迫られる施策という訳です。

なんだかそうなると利用者としても手放しで喜べない話ではありますが、では楽天はどような仕組みになっているか調べてみると、実は楽天も通常付与のポイント1%は出店側の負担となっていました。

またYahoo!ショッピングに至っては、通常付与の1%に加えボーナスポイント充当用として+1.5%を出店側が負担するという仕組み。これはキツい…。

こうやってみると今までポイントが付くと思って買っていた楽天やyahooも実はこの負担も考慮された価格だったのかもしれない…と考えるとなんとも複雑な気持ちになってきますよね。

そのようなこともあってポイント負担のないAmazonでの出品を選んでいた方もいたと思うのですが、今回の施策で出店先を見直す…なんてこともあるかもしれません。

購入者側からするとポイントサービスという点では並ぶ形となった訳ですが、出店側の負担増で商品ラインナップが減ったり価格が上がったり…なんてことがないことを祈るばかりです。

参考:ITmedia NEWS

関連記事