LINEモバイルとソフトバンクが大ピンチ?動画SNS見放題に規制が入る模様

投稿日:

by yoshimitu

総務省によると、YouTube見放題、FacebookやInstagram使い放題といった通信量をカウントしないカウントフリーと呼ばれる仕組みを一部規制する方針を固めました。

カウントフリーの対象が大手のSNSや動画サイトのみとなっており、それ以外の中小サービスの成長を妨げることが原因とのこと。

公平性の観点から規制が入る

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」は下記のサービスがカウントフリー(使い放題)の対象となっています。

  • YouTube
  • アベマTV
  • GYAO
  • Hulu
  • LINE
  • Instagram
  • Facebook

一方LINEモバイルの場合はこれらのSNSが使い放題となっています。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

総務省によれば、これら以外のサービス事業者が不利な立場となり公正な競争を妨げるとのこと。

また無料で使える分の通信量は契約者全体のカウントとなるためカウントフリーの利用者のみに利益があり、そうでないユーザーの負担となることも原因の一つになるそうです。

ソフトバンク狙い撃ちの可能性も

ドコモとauは今年の春以降の端末補助のサポートを打ち切るタイミングで大幅な値下げを示唆していますが、ソフトバンクは「値下げをしない」と名言しています。

つまりソフトバンクは「LINEモバイル」や「Yモバイル」で”価格競争”をして、ソフトバンク本体は使い放題を含む大容量プランで勝負をするつもりでした。

しかし今回の規制が入れば、ソフトバンクの大容量プランの大きな強みが失われることになります。

そうなるとソフトバンクは否が応でもドコモやauとの価格競争に巻き込まれることになるでしょう。総務省は携帯の月額料金の値下げをキャリアに強く迫っているため、今回の規制によってソフトバンクに値下げをさせる意図があるのかもしれません。

Twitterの声

Twitter上では総務省を攻める声が大半ですが、一部ではソフトバンクまで攻めらる事態となっているようです。

 

 

 

 

 

 

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事