iPhone XS/XS MaxにREDモデルを追加!?苦戦している中国にテコ入れで投入か

投稿日:

by ともぞう

1月末に発表されたAppleの2019年第1四半期の業績によると、中国での販売が大きく下がったことがiPhoneの売上げが下がった一因とされていたました。

どうにかテコ入れしたいAppleですが、噂によると中国用に新色を投入するという話が出てきましたよ。

(PRODUCT)REDではなく、China Redを2月末に中語で発売か

iPhoneHacksが伝えるところによると、weiboにて中国でiPhone XS/XS Maxの新色が今月末にも発売されるというリーク情報が投稿されていると伝えています。

同投稿によるとAppleのサプライチェーンから入手した情報で、その色は赤。

赤と言えば、売上げの一部が世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)のHIV/AIDS助成金として送られる「(PRODUCT)REDスペシャルエディション」がありますが、中国では発売されていないようでこの赤を「China Red」と読んでいるそうです。

Appleが1月末に発表した2019年第1四半期の業績では、中国で苦戦がiPhoneの売上げ低迷の一因として上げられており、そのテコ入れとしてこの「China Red」を投入するのではないかとのことのようなんです。

ただそもそも中国での苦戦の原因は、iPhone XS/XS Maxの端末代が高いこともあり新色が出たところで単純にテコ入れになるとは思えません。

また2月末に発売されるとのことなのですが、今まで2017年3月にはiPhone 7/7 Plus、2018年4月にはiPhone 8/8 Plusの(PRODUCT)REDスペシャルエディションが発売されているので、単純に今年も例年に習って発売される赤モデルの指しているだけという可能性も充分にあります。

そのようなことも考えると中国での販売低迷と(PRODUCT)REDスペシャルエディションの発売を絡めた噂話にすることで単純に話題性を高めようとしただけ…なんて見方もできちゃいますよね。

あくまでSNSに投稿された噂なので本当のところは分かりませんが、特定の国だけに限定して新色を出した前例もありませんし、例年通り(PRODUCT)REDスペシャルエディションが出る可能性がより高まったといったところでしょうか。

毎年この時期にズレて発売する(PRODUCT)REDスペシャルエディションはどうしても気になってしまうのですが、価格の問題もありますし今年はこれで多少でも新たな需要を産むことが出来るのか…微妙なところですね。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:iPhoneHacks

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事