ジョーク空振り?Appleのポートレート写真CMが不評の模様

投稿日:

by メカ村

これまでにいくつもの商品CMをリリースしてきたApple、真面目なものからジョークの利いたものまで様々なのですが、今回のCMは微妙に不評のようです。

「Depth Control — Bokeh’d」と銘打たれたこのCMは、ポートレート写真の深度コントロールを日常シーンで表現したものだったのですが、一体どんな内容だったのでしょうか?

若干気まずい

今回発表されたCMは下記の動画の通りなんですが、音声も字幕も全て英語となっております。

せっかくなので、各場面のスクショに意訳を添えてみましたので、ご覧くださいませ。

『深度コントロール – ボケ』

女性1「あら、とても可愛い」

女性2「最高の息子よ」

女性1「…ちょっと待って?後ろでボケてるのは誰?まさかあなた、私の息子をボカしたの?」

女性2「いや、えっと、別に悪気があって消したワケじゃないの」

女性1「あなた、私の息子のどこが嫌いなの?」

女性2「違うの!」

女性2「ほら見て、ボケエフェクトはこうやってコントロールできるのよ」

女性1「…すごい…」

女性1「…どんな人が子供をボカして消すと思う?」

女性3「………」

女性1「私だったら、あなたの子供をボカして消すなんて事は決してしない」

女性1「そう、(CMを見ている)あなたはもう知ってるわ」

まとめ

ママ友のティータイムが舞台なのですが、ものの数十秒でガッツリ遺恨を残すようなやりとりが展開されており、「深度コントロール」を推したいのかディスりたいのかよくわからなくなってますね…。

Apple的には「機械に疎いママのできる限りの反論」をジョークにしたかったんでしょうが、なんとも言えないやりとりに困惑や不快感を表す人まで出てきてしまっているようです。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:YouTube

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事