Facebookにとって有害なユーザーをアプリを使って位置データを把握している

投稿日:

by maruuo

CNBCによると、Facebookは従業員およびFacebookのオフィスに脅威を加えそうなユーザーの位置情報を使って追跡しているとのことです。

元セキュリティ担当者12人がCNBCに同社の手法を明かしました。

Facebookが脅威となるユーザーの位置情報を追跡する理由

Facebookは27億人ものユーザーを抱えており、そのうちの0,01%のユーザーが潜在的なリスクを持っている場合、それでも27万人という大きな数字になってしまいます。

その為、Facebookは潜在的に「脅威」だと判断したユーザーのリストを作り、FacebookアプリやIPアドレスを使って位置情報を監視しているとのことです。

「脅威」だと判断する基準はFacebookのCEOマーク・ザッカーバーグを含む役員や従業員に対して攻撃的なコメントを加える等があるそうです。

例えば“F — you、Mark”、 “F — Facebook”のような言動も時にはその対象のリストに加わる可能性があります。

一度そのリストに加わると、オフィスの周辺や従業員の居場所の近くにいるとセキュリティチームに連絡が行き、警備員等が配置されるようです。

また株主総会やFacebookのイベントに対象人物が来る場合も同様の対応になるとのことです。

ちなみにそのリストに加わったユーザーがFacebookのMenlo Parkキャンパスで昼食をとろうとしたところ、ゲスト登録した際に警備員に囲まれてしまったそうです。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事