iPhoneの買い換えサイクルは4年に一度?年々長期化が進んでいる模様

投稿日:

by maruuo

2年に一度買い換えるのは最早昔の話だったようです。

アナリストToni Sacconaghi氏によると、年々iPhoneの買い換えサイクルは長期化しているとのことです。

今年購入されたiPhoneは4年は使われる見込みだそうですよ。

伸び続けるスマホの買い換えサイクル

2015年度にはiOSのインストールベースで約3分の1が買い換えられました。つまり3年に1度の買い換えサイクルだった訳です。

それが2018年度には買い換えサイクルが4年に一度になってしまうとのこと。

その理由として

  • iPhoneが高価格帯になってしまったこと
  • バッテリー交換プログラム

これら2つが主要因だろうと同氏は述べています。

中古iPhoneの存在が脅威に

また現在使われているiPhoneの32%は中古モデルの可能性が高く、そのユーザーの買い換えはその後も中古モデルが続くのでAppleの売上げに貢献することはなさそうです。

現在AppleはApple MusicやiCloudといった「サービス」に力をいれていますが、中古iPhoneを買うユーザーはそれらを利用する可能性が低いでしょう。

それによりAppleの「サービス」の分野は過去3年間毎年20%以上の成長していましたが、2019年度は15%になる見込みだそうです。

おすすめ記事:カミアプ渾身の記事を集めてみたよ

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事