Apple 2019年第1四半期の結果 iPhoneは瀕死だけどAppleは強かった!

投稿日:

by yoshimitu

Appleが2019年度第1四半期(2018年10−12月)の業績を発表しました

相当に落ち込むと予想されていたAppleの売上げは前年比843億ドルとなり、わずか5%減という結果になりました。

Apple製品別の売上げ

こちらグラフにまとめてみました。

iPhoneは前年比で15%をとなり、これがAppleの売上げの減少をもたらした原因となりました。

一方、それ以外の製品はMac、iPad,ウェアラブル系、サービスと売上げをメキメキと伸ばしています。

注目すべきは「サービス」の項目です。1兆円以上の売上げとなり、もはやAppleの第二の柱と言えるくらい成長しています。

※サービスとは主にAppleMusicやiCloud等の月額の課金です。

⇒⇒iPhoneで定期購読の解除をする方法|月額課金をストップできます

アップル製品の地域別の売上げ

次は地域別の売上げです。

詳細は書かれてしませんが、iPhoneの売上げがどの地域で減ったのか参考になります。

最も大きく減ったのが中国の27%です。これがiPhoneの売上げ減少の大きな原因の一つだと言えるでしょう。

これは米中の間で政治のやりとりの問題と新iPhoneの値段設定の失敗によるものだと思われます。

その次に減少しているのがなんと日本です。5%も減少しています。

しかしながら日本でのiPhoneの販売台数のシェアが伸びていることから、スマホ市場そのものが縮小しているのかもしれません。

⇒⇒ドコモ解約による違約金はいくら?日割りならこのタイミングがベスト

まとめ

個人的にはこの結果をみる限り「Appleは大丈夫かも」という印象を受けました。

中国での売上げは前年比27%減でしたがこれ以上減るとは思えません。そしてiPhone以外の売上げの伸び率は凄まじいものがあります。

これによりAppleはiPhone以外でも成長していける会社だと証明したのかもしれません。

それを示すかのように、Appleの株価は現在5%ほど急騰しています。


関連記事