【警告】アメリカのシンクタンク「TikTokは中国の情報収集ツールです」

更新日:

by henshu

世界で5億人のアクティブユーザーを持つTikTokですが、アメリカのシンクタンクによると、どうやら同アプリは「中国の情報ツール」だそうです。

多くの国で排除されつつある「ファーウェイ」の次はTikTok…なのでしょうか。

TikTokは個人情報と位置情報を中国に送っている

ピーターソン国際経済研究所(Peterson Institute for International Economics, PIIE)の調査報告によると、TikTokは中国の情報機関の為に情報収集をしているとのことです。

送っているデータは「ユーザーの個人情報」と「位置情報」です。その情報は中国のサーバーに送られているとのこと。(当然と言えば当然です)

関連記事:iPhoneの位置情報の履歴が丸わかり!確認するなら「利用頻度の高い場所」

これにより、米国当局は軍事面での警戒を強めています。

一部の若い軍人が軍服のまま基地内や航空機内などで自撮りしてTikTokに投稿していることだ。これらの情報に基づいて、中国当局による西側諸国の軍事活動の情報入手を許すほか、兵士らの顔面識別情報を提供することになる。

この点に関しては軍の規律で何とかなる気がするのですが…。

TilkTokはファーウェイの二の舞になるのか?

報告書によれば、「要請があれば個人情報は中国政府に渡されてしまう」とのことです。

しかしながら中国政府の力は強大なので、要請があればどの中国企業であれ個人情報は渡されることになるでしょう。

つまり他の中国系アプリへの影響も大いにあると考えられます。

このようなシンクタンクの発表を受け、米政府が動き出すとアメリカ国内では「TikTokは禁止」ということにもなりかねません。事実、ファーウェイはアメリカでは経済活動が厳しく制限されています。

⇒⇒「Twitterのステッカーが外せる」はデマ!Twitterも公式に否定

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:epochtimes

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事