中国で「悪質な債務者」を表示するマップアプリが公開

投稿日:

by しんや

中国でもっとも人気のチャットアプリであるWeChat内のアプリに「借金を踏み倒している悪質な債務者」を表示する地図が実装されました。

果たしてその内容とは…。

債務者を表示するアプリ、その活用法は?

ユーザは同アプリを使うことで自身の周辺500メートル以内に債務者がいるかを調べることができます。

これにより返済能力があるにも関わらず借金を踏み倒す隣人を人々が告発しやすくなるという狙いがあるようです。

”A map of deadbeat debtors(借金を踏み倒す債務者達のマップ)”と呼ばれる今回のプロジェクト発表したのは河北省の最高人民法院(最高裁判所のような役割)であり、これは中国で行われている個人の社会的な信用度をスコア化する運動の一環と見られています。

裁判所の担当者は「そのアプリは私たちの判決により効力を持たせ、より社会的で信用できる環境を作るための手段の一つです」と語っています。

中国の社会的な信用度をスコア化する動き

中国では近年、人々の信用度をスコアとして記録する仕組みが浸透し始めています。

これは私たちも知っているクレジットヒストリーのようなものとは違い、日常の様々な行動から採点される仕組みになっています。

スコアが上がればローンを組みやすくなったりとメリットもある一方、スコアが下がると公共交通機関の利用でさえ制限されうる厳しい一面を持っています。

今はまだ始まったばかりですが、今後は集まったデータの統合などを行い、より実用的なシステムへ仕上げていくようです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:CHINA DAILY

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事