もうすぐiPhoneは”構えた”だけでカメラが自動的に起動するようになるかも

投稿日:

by yoshimitu

iPhoneで撮影するとき、シャッターチャンスを逃してしまうことってよくありますよね?(カメラのショートカットがどうしても使いにくい…。)

でもAppleが申請した特許がそれを解決するのかもしれません。

持ち上げただけでカメラが起動する

先週1月17日にAppleが申請した特許はとても興味深いです。

通常カメラで撮影する時、所定の位置までiPhoneを持ち上げますよね?

そのモーションをiPhoneが自動的に「カメラを使う!?」と判断して、カメラのアイコンを押すことなく先回りして起動してしまう、という特許になります。

これはApple Watchを見るために腕を持ち上げると、ディスプレイがONになるのと理屈は同じですね。

したがって、Apple Watchでも時々ディスプレイがONにならないことがあるように、iPhoneの自動カメラ起動も縦持ちや横持ちが所定のモーションからズレてしまうことでうまく機能しないことがありそうです。

写真のプライバシーは守られる

もちろん自動的にカメラ機能が起動するからといって、全ての写真やビデオにアクセスできる訳ではないようです。

Apple曰く過去の写真にはロックを解除しないとアクセスはできないと強調しています。

まとめ

とは言え、これはあくまでAppleが申請した”特許”の話なので実際に実用化されるかどうかはAppleのみぞ知る…という感じでしょうか。

Apple Watchはもちろん現iPhoneでも持ち上げるとディスプレイそのものがONになる機能は既に実装されているので、実現性はそれなりに高いと思われます。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事