GoogleはAndroidを意図的に滅ぼす?次のOSは…

投稿日:

by しんや

先日、Googleが主導するオープンソースプロジェクトで開発されているFuchsia OSが、Androidアプリをサポートする機能を持つことが確認されました。

これによりFuchsia(フューシャ) OSがAndroidに取って代わる新しいOSになるのでないかという声が上がっています。

Fuchsia OSとは

Android OSはGoogleが主導で開発していますが、そのシステムの心臓部にはLinuxカーネルと呼ばれるものを他から流用しており、完全にGoogle純正のOSとは言えません。

一方Fuchsia OSは2016年にGoogleから公開されたもので、全て自社開発のシステムになっています。

またモバイルとデスクトップの両方に対応するなど挑戦的なアイデアも多く取り入れられているのが特徴的です。

まだできることは多くありませんが、デモ用のページから一部の動作やUIを体験できるようになっていますので興味のある方は是非チェックしてみてください。
デモページへ(右下の部分からGuestでログイン)

今後Fuchsia OSは?

Googleは以前からAndroidの技術を巡ってOracleと裁判で争うなど多数の問題にぶつかってきましたが、今回の完全自社製Fuchsia OSが成功すればこれらの課題から解放されるかもしれません。

ただし以前からGoogleは、Fuchsia OSはあくまで実験的なプロジェクトの一つだとの見方を示しており、Androidから置き換えるかどうかについては特に明言されていません。

今回新しく追加されたAndroidのアプリをサポートする機能ですが、これも実験の一つに過ぎないのか、それとも実用へ向け開発が本格化しているのか今後の進展が待たれます。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Google

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事