iPhoneとApple Watchを同時充電できるモバイルバッテリー登場へ

更新日:

by しんや

はじめまして!しんやです。

ワイヤレス充電器AirPowerが発表されてから既に1年以上が経過しましたが、いまだにいつ発売されるか明らかになっていません。

これまでたくさんのワイヤレス充電器やAirPowerの類似品が他社によって発表されてきましたが、今回AT&Tが発表した充電器は今までのものと大きく異なります。

関連記事:iPhoneの低電力モードのデメリットとは?

ワイヤレス充電器兼モバイルバッテリー「Power Drum」

AT&Tが発表した「Power Drum」と呼ばれる商品はiPhoneとApple Watchを同時に無線充電できるワイヤレス充電きなだけでなく、モバイルバッテリーとしての役割も果たします。

充電のスタイルは上の写真のようにまず本体側面でApple Watchを充電し、上面にiPhoneを乗せることで充電されるようです。

気になるスペックは?

気になるのはモバイルバッテリーとしての能力です。

FCCの報告によりますとバッテリーの容量は3000mAhになっており変換ロスを考慮するとiPhone一台を充電するのに精一杯な程度だと考えられます。

出先での延命には十分ですが、他のモバイルバッテリーなどに比べると少し物足りない容量になっています。

発売日はまだ未定ですが、価格は100ドル前後だと予想されています。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:FCC

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事