iOS12の普及率が75%を越える iOS11よりも2週間も早く

投稿日:

by yoshimitu

mixpanelによると、iOS12の普及率が2018年11月29日の時点で「75%」を超えたそうです。

これはiOS11と比べると約2週間短い数字となります。

iOS12が早く広まった理由

この「75%」という数字の母数は「アクティブなiOSデバイス」になります。

iOS12の立ち上がりは決して順調とは言えず、リリースから48時間の時点の普及率は10.38%でした。一方iOS11は15.91%。iOS12は4%ほど出遅れてました。

しかしながら先に75%を超えたのはiOS12の方でした。その理由はiOS12の安定性の高さ、iPhone6等の旧モデルでも比較的軽快に動くことにありそうです。

そもそもiOS11はバッテリー容量による低速化問題があった為その反動でiOS12の普及が急速に進んだ、という言い方もできるかもしれませんね。

Androidの最新OS普及率は…

iOS12の普及率の高さはAndroidと比較するとよく分かります。

2018年8月7日にリリースされたAndroid 9 Pieは10月末の時点でわずかに0.044%しか使われていません。Android 8.1に至ってはリリースから1年近く経ちますが5.8%と低調です。

これはAndroidの数字が低いという訳ではなく、iOSの「75%」という数字が高すぎるとみるべきかもしれません。

Appleが端末もOSも両方とも責任を持って開発しているからこそ、古い端末でもiOS12がインストールできる訳です。

だからこそiPhoneユーザーはなかなかAndroidに乗り換えないのかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:appleinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事