Apple一瞬だけ世界一の時価総額の位置をMicrosoftに譲る

投稿日:

by maruuo

長年、世界1位の時価総額の位置をキープしてきたApple。

それがほんの少しの間だけですが、2位に後退してしまいました。

1位になったのはあのMicrosoftです。

新旧時価総額1位が入れ替わる

Microsoftと言えば2010年”まで”はWindowsとOfficeのライセンス販売を主力に世界トップの時価総額企業でした。

2010年以降はiPhoneの勢いによってAppleがMicrosoftを打ち破りそれ以降はAppleが世界一の位置に鎮座してきました。

ところが、今月異変が生じます。

Appleの株価下落

iPhone XRやXS/XS MAXの不調によりAppleの株価が急落してしまったんです。

株価対策という訳ではないですが、Appleがあまり売れないiPhone XRに猛烈なテコ入れをしているのはご存じの通り。

関連:iPhone XR値下げの噂が実現! ドコモは最安で25,920円に

キープするMicrosoftの株価

一方のMicrosoftは株価爆上げによってAppleを抜いた訳ではありません。

今年上がった株価が良い位置で下げ止まった…という形になっています。

それにより20%も落ちたApple株のおかげでMicrosoftは一時的にAppleを抜くことができたのです。

ちなみに現在の時価総額は

・Apple=816,435,064千ドル(約94兆円)

・Microsoft=816,435,064千ドル(92.5兆円)

と僅差になっています。

はたしてAppleは世界一の位置を守り続けられるのでしょうか?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:.businessinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事