鴻海34万人リストラか iPhone増産中止の余波の可能性

投稿日:

by yoshimitu

世界最大の電子機器の受託生産を行う企業、鴻海科技集団はiPhoneの受注減をきっかけになんと34万人ものリストラを計画している、と報道されています。

鴻海ってどんな会社?

鴻海科技集団(フォックスコン)は台湾に本社をもつ電子機器のOEM供給と筐体の組み立てを行う企業です。

Appleはもちろん、SONYや任天堂さらにはソフトバンクのペッパー君の生産まで行っています。

しかも従業員数は80万人以上。これだけ大きな規模の会社ともなると、工場の周りは鴻海の街となってしまうとか。

鴻海のリストラ規模は34万人とされている

報道されているリストラの規模は従業員の8分の3以上となる「34万人」です。

この数字は台湾系のメディアが19日に「鴻海が大幅な人件費の圧縮を行う」と報じた翌日に中国系メディアが「規模は34万人だ」と述べたことにあります。

根拠は鴻海の会長自身が7月に「34万人リストラする」と述べたことにあるようです。

この「34万人」が再度クローズアップされた裏側には米中貿易戦争はもちろん、iPhoneXRやiPhone XS、iPhoneXS Maxの減産の話題が連日報じられ「いよいよ実現する可能性が高い」と考慮されたものだと思われます。

それにしても34万人とはすごい規模ですね…。


関連記事