Apple共同創業者ウォズニアック氏「ジョブズは今のAppleを誇りに思ってる」「Androidの楽しい機能は革新的ではない」

投稿日:

by maruuo

Appleの共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏はCNBCとのインタビューでAppleについての質問に答えました。

Appleはテクノロジーよりも人を重視する

ウォズニアック氏は今のAppleの事ををジョブズ氏は「満足している」と指摘し、その理由としてAppleがテクノロジーよりも人間に焦点を当てているからだ、としています。

ウォズニアック氏曰く、「ジョブズもいつもそうしてきた。決してテクノロジーの犠牲になってはならない。」とのこと。

機能よりもユーザー体験を重視

また彼は他のスマートフォンメーカーは真の意味で革新的ではないと指摘しています。Appleは人が人生で行うすべてに影響を与える一方で、彼らは単に楽しい機能を提供しているに過ぎない、とのこと。

例えば、いくつかのAndroid機はスマートフォンに向かって「スマイル」をすることで電話をかけることができます。

ウォズニアック氏はそれは楽しい機能ではあるがイノベーションではないと述べています。

またApple Payを例に出し

「iPhoneのロックを解除することなく、アプリを開くことなく、クレジットカードの番号を入れることなく、指紋認証するだけで支払うことができる。」

「Appleは簡単な支払いシステムを作ることができた最初の会社だ。他の企業はみんなAppleの模倣から始めるしかなかった。」

とも述べています。

Appleのビジョンは常にユーザー体験に向いていています。

Siriや画像処理におけるAI技術でGoogleに後れを取っていても、私たちがiPhoneから離れられないのはそういった理由なのかもしれません。


関連記事