iPhone XRを本音レビュー!結局良いのか悪いのか?

更新日:

by ともぞう

なんだかんだあるけど、結局のところiPhone XRってどうなのよ?というのを、ガチな本音でともぞうが語ります。

フラグシップモデルiPhone XS/XS Maxが出た後に、位置付けとしては少し価格を抑えながら似たような機能を盛り込んだiPhone XR。

実際に触ってみると思ったより大きさは気にならず、多少厚みや重さが気になりますがある意味、Plusだと思えば正直そこまでは気になりません。

外観でいくとフレームがアルミで、ステンレスのiPhone XSと比べると安っぽいという声もあるようですが、自分の場合はケースを付けちゃうので気になりません。

これシルバーだから余計そう見える気がして、他の色、特にブラックあたりだと気にもならないかと思います。

ただiPhone Xを持っちゃってると、若干ベゼルの太さだけは気になりますけどね…ここだけはもう気になるか気にならないか人それぞれでしょう。

というかそもそもで言うと、iPhone XS/XS Maxと単純に比較してしまえば価格を抑えつつもベストを目指した機種だけに、差があるのは当たり前。

外観以外では3D Touchが廃止されてHaptic Touchに変わった点も、体感的にはちょっと違うと感じはしますが使用頻度自体が高くないので無視をして良いレベルの違い。

それ以外だと背面カメラでの通常の撮影は、写真の撮り比べでも差はありませんでした。

ポートレートモードで人物しか撮れないという違いもありますが、正直自分がiPhone Xを使っている限りそこまで頻繁に使わないのでまったく気にならないですね。

ベンチマークでも同じA12 Bionicを搭載しているだけあって、iPhone XS/XS Maxとほぼ同等の能力なのが分かっています。

こうなるとあとは価格の問題が一番となる訳ですが、キャリアの支払い総額が出た時に高い高い言われましたよね。

確かにApple Storeの価格差に比べて、その差が縮まったのでそう感じた人も多いでしょう。

そのくらいの差ならiPhone XSかXS Maxを選んだ方がいいんじゃないかと…そういう話になるのですが、例えばこちらドコモオンラインショップから持ってきた実質の毎月の支払い額なのですが、差がありませんか?

  • iPhone XR: 1,647円/月(総額:39,528円)
  • iPhone XS: 2,916円/月(総額:69,984円)
  • iPhone XS Max: 3,456円/月(総額:82,944円)

引用元:NTTドコモ(64GBモデルを引用)

iPhone XS/XS Maxにした場合、月々の毎月の機種代金は倍近くなるんですよ。月1〜2千円近く上がるくらいなら別に気にしないという人もいるかもしれませんが、携帯代が1〜2千円近く毎月上がるって結構なことだと思うんですよね。

だから新機種を選ばないで型落ちを選ぶわ…という意見もあるのですが、これまたですね…機種変更の場合で見るとドコモは毎月の値引きが大きくなって確かに毎月の支払いもXRより安いのですが…

  • iPhone XR: 1,647円/月(総額:39,528円)
  • iPhone 8: 810円/月(総額:19,440円)
  • iPhone 8 Plus: 1,323円/月(総額:31,752円)

引用元:ドコモオンラインショップ

auのLTEプランベースの価格で比較しちゃうと、8/8 PlusとXRの機種代金ってそこまで変わらないんですよ。

  • iPhone XR: 1,647円/月(総額:39,528円)
  • iPhone 8: 1,140円/月(総額:27,360円)
  • iPhone 8 Plus: 1,630円/月(総額:39,120円)
  • iPhone XS: 2,650円/月(総額:63,600円)
  • iPhone XS Max: 3,190円/月(総額:76,560円)

この辺は複雑なキャリアのプランが絡むのであくまで一例として捉えていただきたいのですが、見てもらえば分かる通りキャリアによっては型落ちのiPhone 8だから必ずしも安いとは限らないんです。

そう考えるとiPhone XRって高い機種という訳ではなくて、それなりには価格差があるモデルになっていると思うんですよ。

その辺りも考えると最新の機種は使いたいけどそこまで携帯代が高くなるのは困るという人には、実はめっちゃコスパがいい機種なんじゃないかというのが私の答えです。

そういう意味では海外メディアが先行レビューで「普通の人が買うべきiPhone」という評価には納得で、まさにそういう機種に仕上がっていると思います。

といいつつも厚みや重さが気になる人はその分を支払う金額で解決できますし、そこを許容できる人は最新の機能をほぼ使える少し安くて機種を選べば良いよっていう、なんだかんだAppleの戦略はうまいなと…。


関連記事