iPhone XRの「Haptic Touch」は3D Touchとはどう違う?解説するぞ

更新日:

by ともぞう

iPhone XRはコストダウンの一環なのか「3D Touch」が廃止され、代わりに「Haptic Touch」が導入されました。

さてこの両者がどう違うのか、実際に触った感想を交えながらご紹介いたします。

実際に触ってみるとびみょ〜に違う

画面を押し込むことでサブメニューが開いたり、プレビューを表示したりなど…iPhone 6sから搭載されたのが「3D Touch」。

あまり活躍の場面は多くありませんが、ホーム画面でアイコンを押し込むとショートカットメニューが表示されるアプリもありますし、

safariではリンクを軽く押すとプレビュー表示、そのまま押し込むとリンク先のサイトを開くといった使い方が可能でした。

ぶっちゃけ私は、文字入力時のカーソル移動くらいにしか使っていなかったのですが、この「3D Touch」はiPhone XRで廃止されてしまいました。

代わりに搭載されたのが「Haptic Touch」。読み方はハプティックタッチらしいです。

同じTouchとついてはいるのですが、3D Touchとの大きな違いは「感圧センサー」の有無。

3D Touchは画面に対して押し込む圧力が掛かるとこれをセンサーが感知して、同時に振動させることであたかも「押したような感覚がする」を再現していました。

「Haptic Touch」はこの圧力感知がなくなり、長押しした際にブルっと振動させるだけになったという訳です。

でもそれなら体感的には変わらないんじゃ?、と説明だけ聞いていると思いますよね?自分も実際そう思ってました。

でもこれ実際に体験してみると、これがびみょーに違うんですよ。あくまで私の感じ方ですけど。

両者ともに振動の感覚に差はないものの、3D Touchは画面を押した瞬間にブルッとくるので「押した感」があるのですが…「Haptic Touch」は長押し⇒ブルッでほんのちょっとなんですけどタイムラグがあるんですよ。

人によっては全然変わらないと言う人もいるとは思うのですが、私はこの微妙な違和感が気になって「押した感」がしないんですよね。

特にロック画面で即起動できる、ライトやカメラを長押し操作(+Haptic Touch)にする必要があったのかすら疑問があるほど。

もちろん3D Touchである必要もなくタップ ⇒ 即起動でなんら問題ないと思うんですけどね。

話が少し横道にそれてしまいましたが、「Haptic Touch」は同じようで体感的には3D Touchとはちょっと違う物で、いままでと変わらないよ!とまではいかないかなあ…というのが正直な感想です。

あくまで「その操作がちゃんと出来ているよ」っていう、フィードバックが返ってくる機能と思うくらいがちょうどいいかなと思います。


関連記事