もうパスワードは不要に..?顔と手のひらだけで本人認証が可能なシステムをKDDIと日立が共同開発

投稿日:

by maruuo

サイトのログインや決済処理など様々な場面での必要になる本人認証ですが、KDDIと日立が開発した新しい技術が実用化されたら手ぶら決済が実現するかもしれません。

KDDI総合研究所と日立製作所が共同で開発したのは、掌紋(手のひらの模様)を使った生体認証技術になります。

従来の生体認証は指紋センサーや顔認証用の3Dセンサなどの専用装置が必要でしたが、今回開発されたシステムは特別な装置は、不要で汎用カメラで生体認証できるのが最大の特徴。

事前に手のひらを撮影して得た生体情報を用いて電子署名に必要な秘密鍵を一時的に生成し、顔認証と組み合わせて利用することで、パスワードなどを入力しなくても本人認証が可能となるそうです。

特別な装置も不要なので店頭にタブレットなどを用意しておきカメラで本人認証が手ぶらで行える上に、オンラインでの買い物やネットバンキングなどでもカメラさえあればどんなスマホでも生体認証ができるということになりますね。

また掌紋の画像はどこにも保存されないので、データの漏洩などの心配もないそう。

それだけお手軽になると気になるのは写真や動画などを用いたなりすましですが、ディープラーニングなどの機械学習により撮影画像が本物か偽物かを見分ける生体検知技術も導入されているそうです。

これが実現されたらクレジットカードや電子マネーのICカードなどを落としたり、盗まれたりするリスクもなくなりますし、オンラインではパスワード漏洩による被害なんていうのもなくなります。

今までの生体認証では特別なセンサーや装置が必要で、一部の限られたスマホであったり施設でしか使われていませんでしたが、汎用カメラさえあればOKな今回の技術は実現化されたら一気に導入が広まりそうですね。


関連記事