アメリカ人のこだわり恐るべし…クリームチーズの有無で問題の「ベーグル」の絵文字、最新ベータ版で修正へ

投稿日:

by ともぞう

絵文字1つにそこまで拘る?と思ってしまうのですが、クリームチーズの有無で突っ込まれていた「ベーグル」の絵文字ですが、Appleが動いたようです。

私たち日本人からするとそこまで拘るところ?と思ってしまうのですが、Appleの「ベーグル」の絵文字がニューヨークの人に「古そうで乾燥しており工場で作られたように見えてダメだ」とダメ出しされていました。


さらにはチーズメーカーのフィラデルフィアからは、クリームチーズがない!とツッコミも。やたら拘りますね…ベーグルに。


さてそんなやり玉に挙がったベーグルですが、9to5Macによるとなんとなんと最新のiOS12.1 beta4にて修正をされており、リクエスト通りパンもよりリアルになりクリームチーズまで塗られているベーグルになっているんです。

突っ込まれて話題になったのは10月6日で、iOS 12.1 beta4がリリースされたのは10月16日。たったの10日で絵文字を書き直して対応するとはめちゃくちゃ早くないですか?w

それもこれも絵文字でのこだわり…ということなんでしょうが、実際絵文字ってめちゃくちゃ小さいのでそこまでハッキリ見えないと思うんですけどね…。

ちなみにこちら各社のベーグルの絵文字を並べたもの。Appleにツッコミが入るなら他社のベーグルの方がもっとツッコミどころがあると思うんですけど。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9to5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事