もう時代はストリーミングやダウンロードか…音楽CDレンタル店がピーク時の1/3に

投稿日:

by ともぞう

昔はそこら中にあった気がしたのですが、いつの間にかレンタル店って減っちゃいましたよね。

日本レコード協会が発表した全国のCDレンタル店の実態調査によると、CDレンタルの店舗数は昨年比6.5%元の2,043店にまで減ってきているそうです。

CDレンタルの店舗数は1989年末の6,213店がピークで、年々減り続け約1/3にまでになってしまっているとのこと。

一昔前は私もCDはレンタルで借りて来てiTunesに取り込んでiPhoneで聞くなどしていましたが、いつの間にiTunesでダウンロード版を買うようになり、今となっては音楽配信サービスを使っていますしね。

先日ご紹介した「国際レコード・ビデオ製作者連盟(IFPI)」の調査でもいまや、オンデマンドのストリーミングで音楽を聴く人は86%にもなっていますし、以前に比べCDを借りてきて取り込むという人も減っていると思われます。

ただストリーミングで聞く手段が音楽配信サービスならいいのですが、47%はYouTubeで聞いているというデータもあり、これもCDをレンタルしなくなった要因の1つに繋がっている可能性も否定できません。

DVDのレンタルにしても、借りに行かなくてもAbema TVやGyaoなど無料でドラマやアニメもみらえるサービスもありますし、昔に比べるとネットで手軽に楽しむ方法が増えたというのも大きいですよね。

1つ調査結果で興味深かったのは、レンタル店の店舗が減少する一方で売り場面積は拡大傾向にありお店が減った分、大型店舗としてレンタル以外も取り扱う店舗が増えている点。

確かにTSUTAYAとかもレンタルだけなく家電も一緒に取り扱うお店もありますし、ゲオもレンタルだけでなくゲームや中古携帯電話の取扱など生き残りの手段として試行錯誤が続いている状況とも言えます。

アメリカでは早々にレンタル店は全滅して、オンデマンドサービスに移行している事を考えると、すぐにということはないでしょうが日本でもなくなってしまう日が来るかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事