フル機能のPhotoshopがiPadで動く…Adobeが投入へ

更新日:

by ともぞう

iPadでデスクトップ用のアプリが動いたらいいのに…そんな要望を叶えるような発表をAdobeがしています。

Adobeは開催中のイベント「Adobe MAX」にて、ほぼデスクトップ版に近い機能を持った「Photoshop CC」を2019年にリリースすると発表しました。

今までPhotoshopはiPhone/iPad用にリリースをされていましたが、機能毎に分割されたモバイル用アプリだったんですよね。

新たにAdobeがリリースするiPadバージョンでは、デスクトップ版のPSDの読み込みも可能でPCからファイルを受け取りそのままiPadで作業をするなんてこともできるそうです。

これがiPad用「Photoshop CC」でレイヤーを操作している画面になるのですが、iPad用にUIは最適化されるものの、デスクトップ版とほぼ同じレイアウトとなっておりほぼ変わらない感覚で作業ができるようになっているようですよ。

今まではiPadもモバイル版アプリの位置付けとして専用アプリは少なかったと思いますが、Adobeの今回のようにデスクトップ版に近いアプリが増えていけば今よりはiPadの活用方法の幅が広がっていきそうですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Adobe Newsroom

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事