Windows 10アップデートによるファイル削除問題、担当者が「良好な状態に戻すツールがある」と発言

投稿日:

by ともぞう

まだ望みはあるようです…。

先日、「Window 10 October 2018 Update」を適用するとユーザーのファイルが勝手に削除されてしまうバグが見つかり、提供が停止されたとお伝えしていました。

アップデートによってファイルが消えてしまうのは、「C:/Users/[username]/Documents/」フォルダに入っているユーザーファイルだっただけに大事なデータが消えた…という人もいたようです。

この件に関して、bleepingcomputerによれば、まだ望みはあるようで、Windows Insider Programの責任者Dona Sarkar氏は、Twitterにて「サポートには復旧するツールがあるので、サポートに問い合わせて下さい」と発言しているんです。


2018年10月のアップデート(1809)で「更新後のファイルが見つからない」問題が発生した場合は、サポートラインにお問い合わせください。 彼らにはあなたを良い状態に戻すためのツールがあります。 このビルドは手動ではダウンロードできません

またこれに合わせるように、Windows10の更新履歴ページの文言も更新。「影響を受けるデバイスの使用を最小限に抑え、直接1-800-MICROSOFTまでご連絡ください」の文言が追加されており、なんらかの普及方法があるようにも思えます。

CNET Japanによれば、今回のアップデートは大規模であったため段階的にリリースされており全ユーザーに配信されていなかったそうですが、もしアップデートを適用してファイルが消えてしまった方は、サポートに問い合わせをしてみたほうがよさそうです。

▼サポート番号の確認はこちらから
Global Customer Service phone numbers

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:bleepingcomputer

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事