オーストラリアのサマータイム切替日、Apple Watchに再起動ループのバグが発生

投稿日:

by ロバート

日本でも導入について議論があったサマータイム。

オーストラリアでは一部のApple Watch Series 4がサマータイムの影響でバグが発生し、再起動ループに陥っているみたいですよ。

オーストラリアでは10月7日からサマータイムが始まりました。

その切り替えに伴い、Apple Watch Series 4の「インフォグラフモジュラー」という文字盤で、アクティビティ機能のコンプリケーションを文字盤に設定している場合、再起動ループするバグが発生しているそうです。

サマータイムによる1時間の変動に対応できていないことが原因とのこと。

このバグはおそらくサマータイム切替日の本日だけ発生すると見られており、明日には直るだろうと言われています。またiPhoneのWatchアプリ(Apple Watchを管理するアプリ)から「インフォグラフモジュラー」の文字盤を削除したことでバグを回避した人もいるとか。

日本でもサマータイム導入についてニュースになっていましたが、時計を1時間早めるというのはこういったソフトウェア面で難しいところが多そうですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9to5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事