自撮りの死亡者数、世界中で259人

更新日:

by ロバート

危ない場所で無茶な自撮りを試みた結果、命を落としてしまった人が世界中で259人にのぼるそうですよ。

インドの研究者が2011年〜2017年のニュース報道から自撮り事故数をまとめました。ニュースで伝えられていない死者数もあるとして、実際にはもっと多いだろうと考えられています。

溺死が多い

もっとも多かった死因は溺死。ボートから落ちたり、波にさらわれることが原因だそう。

次に多かったのは走行中の列車の前で自撮りしようとしてはねられる交通事故。そして3位は高所からの落下だったそう。

このほかにも火災、感電、動物に襲われた例、銃器などの死因がありました。特にアメリカでは銃器による死者が多かったとのこと。

死亡者の約72%は男性で、年齢は30歳未満が多かったとのこと。自撮りによる死亡者は年々増加している傾向にあるそうです。

参考:CNNCNET

関連記事