次世代Wi-Fiの名前は「Wi-Fi 6」 数字が大きいほど速い

更新日:

by ロバート

すごくわかりやすくなりますよ!

これまでWi-Fiの規格というと、「IEEE 802.11n」や「IEEE 802.11ac」という専門用語が使われていました。

でもこれってどちらが速くて新しい規格なのか、自分のデバイスが対応しているWi-Fiはどれなのか、詳しい人以外には伝わらなかったのではないでしょうか。

業界団体Wi-Fi Allianceは、今後Wi-Fiの規格をナンバリング化すると発表

これにより、簡単に言うと数字が大きいほど速いWi-Fiだということがひと目でわかるようになりました。

  • IEEE 802.11n……Wi-Fi 4
  • IEEE 802.11ac……Wi-Fi 5
  • IEEE 802.11ax……Wi-Fi 6

わかりやすいアイコンも用意されています。

今後は各メーカーにも、上記のような表示(ロゴ)の使用を求めていくとのこと。自分のデバイスがどのWi-Fiに対応しているのか、も一目瞭然になりますね。

ちなみに「IEEE 802.11n……Wi-Fi 4」より古い規格については、特にナンバリングせずにそのままとなるようです。つまり現段階ではWi-Fi 4〜6まであるということになります。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Wi-Fi Alliance

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事