生産終了が発表された「森永チョコフレーク」、『メルカリ』では1袋1,000円超えの出品も

投稿日:

by ともぞう

もはや定番の流れのようですが…先日、生産終了が発表された森永製菓の「チョコフレーク」ですが、さっそく『メルカリ』などで定価以上の価格で多数出品されているようです。

売上げの低迷に伴い、商品を製造する工場の閉鎖と生産終了が発表された森永製菓の「チョコフレーク」。

もはや定番の流れのように、早速『メルカリ』などでは多数の出品がされている状況となっています。

価格を見ると中には1袋1,111円での出品も…。これでも買っちゃう人がいるんですかね。

元々の価格を調べるとヨドバシ.comでは定価216円とあったので、約5倍の価格という計算に。

昨年5月には「カール」が東日本で販売を終了すると言ったニュースが流れた際も、まさに同じ流れで定価の数倍での出品があったのを思い出します。

それでも実際に売れちゃってるのをみると、食べられなくなら買っておこうという人もいるんですかね。

今回の森永製菓の「チョコフレーク」は発表はあったものの、ponichi Annexによれば、実際に生産終了するのは2019年4〜6月頃となっており、実はまだまだ先の話。

なくなるとなった途端に毎度このような現象が起こるのは、ちょっと考えものですよね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事